2021年 空調服のトレンド「裏チタン加工」その実力とオススメモデル紹介[更新]

裏チタン加工の空調服

ウェアの生地裏にチタン材を盛り込むことで、太陽から出る紫外線や赤外線を防ぎ、遮熱する機能が「裏チタン加工」です。

裏チタン加工が施された空調服・空調風神服は、体感温度が実に2℃ほど低下するため、真夏の屋外環境において大変役立ちます。

今回は、2021年にトレンドが予想される「裏チタン加工」の空調服・空調風神服について、解説していきます。

最新の高機能生地 「裏チタン加工」

それでは、当記事の本題でもある、最新の高機能生地「裏チタン加工」について解説していきます。

裏チタン加工とは?

裏チタン加工とは、ウェアの生地裏面にチタン材を盛り込み、コーティングする加工のことです。

赤外線・紫外線を遮断するため、ウェア内部の温度上昇を抑える効果があります。体感温度で2℃ほど低下させることができるため、熱中症対策や疲労軽減に大きく役立ちます。

また、風が漏れることを防止する機能も備わっているため、空調服・空調風神服のもともと持つ冷涼効果をさらにアップさせることができます。

裏チタン加工の効果を長く持続させるコツ

裏チタン加工(チタンコーティング)はその性質上、洗濯を繰り返すごとに剥離していく可能性があります。そのため、効果を長く持続させるには、日々のメンテナンスにおいて諸々の注意が必要になります。

まず洗濯においては、基本的に洗濯ネットに入れて洗浄することが求められます。そして弱アルカリ 性の洗剤を使用することです。タンブラー乾燥機やドライクリーニングも避けましょう。

また裏チタン加工は、熱によっても剥離してしまう可能性があるため、火気の近くで使用しない方がよいとされています。

長く使用していくためにも、上記のようなポイントに気をつけてメンテナンスしていきましょう。

裏チタン加工を搭載した、オススメの空調服

裏チタン加工が施されたオススメの空調服・空調風神服を紹介します。

空調風神服 EBA5019(ビッグボーン)

EBA5019/5019Kは、ヘルメットにも対応できる大型のフードが目を惹く、ベストタイプのモデルです。

ユーロテイストでカジュアルかつスマートな印象のデザインに仕上がっているため、作業用途だけではなくレジャーやスポーツ、アウトドアなどにもバッチリです。

両胸にファスナーが備わっているため、収納力も抜群です。風気路メッシュやウエストドローコード、袖周りのストレッチバインダーなど、各種機能も満載です。

カラーラインナップには、ストームホワイト、Dグリーン×ブラック、ネイビー×ブラック、シルバーグレー×ブラックの4色があります。

スタッフの推しポイント

なにより、ヨーロッパテイストのデザインが格好いい!

街中で着用していてもまったく違和感がなさそうで、日常使いにはもってこいの一品ではないでしょうか。

フードが大きいので、ヘルメットの上から被れるというのも良いですね。

空調風神服 EBA5019

空調風神服 KU92142 (サンエス)

ベストタイプのKU92142は、ハニカム模様が前面に展開された、珍しいタイプのカモフラ柄が印象的です。GMシルバーとGMブラックの2色展開となっています。

アームホールが小ぶりに作られているため、一般的なベストタイプよりもさらに風を逃さない設計となっています。

風気路メッシュも備わっており、首元までしっかり冷涼感を味わうことができます。

スタッフの推しポイント

このようなカモフラ柄は珍しいですね。ハードなだけではなく知性的な印象も感じます。カジュアル性が高いので、スポーツなどにも向いていそうですね。

小さめのアームホールによって、風を外に漏らしづらくなっているのもポイント高めです。

空調風神服 KU92142

空調服 74220 (自重堂)

自重堂の「Z-DRAGON」シリーズ・74220は、主張しすぎない上品なカモフラ柄が印象的な一品です。ベストタイプであるため、肩や腕の機動性にすぐれています。

本製品のストロングポイントは、遮熱加工により「マイナス3℃」を実現させたことです。体感温度で3℃変化すると、コンディション向上にも大きく寄与します。またフードが付いているため、直射日光から顔や頭部を守ることができ、顔元まで涼しい風を行き渡らせられることもメリットです。

カラーラインナップには新色のネイビー、シルバーと、従来から展開しているブラックカモフラの、合計3色が用意されています。

スタッフの推しポイント

マイナス3℃はすごいですね!

夏場の屋外作業はもちろんですが、アウトドアやレジャー用途にも大活躍してくれそうです。

またZ-DRAGONらしい、見た目のカッコよさもグッドです。

空調服 74220

空調風神服 EBA5017(ビッグボーン)

大型フード付きのチタンコーティング長袖ブルゾンです。ヘルメットをかぶったままで、空調服のフードをかぶることができるよう配慮された商品ですので、ヘルメット必須の作業にも安心してご着用いただけます。フードにはスピンドル付ですので、フィット具合をお好みで調整する事も可能です。胸元・袖・背中の配色がめずらしいデザインで、他とは差をつけたいお洒落に敏感なお客様に最適です。ポリエステル100%素材ですので、軽い着心地で家庭でのデイリーケアも簡単です。

スタッフの推しポイント

落ち着いたカラーが揃い、洗練された印象がGOOD!フードはデザインとしてもかっこよく、また実用性もバッチリです。ハイスペックなEFウェアで猛暑を乗り切って下さい。
空調風神服 EBA5017

空調風神服 EBA5027(ビッグボーン)

裏チタンコーティングですので、直射日光の下でも衣服内の急激な温度上昇を抑える事ができます。襟風気路メッシュ仕様ですので、汗をかきやすい首筋に風が通り抜けとても涼しくて快適な商品です。立ち襟仕様ですので、首筋に日差しが照り付けるのも防ぐ事ができます。Sサイズ~5Lサイズまでサイズ展開がございますので、女性にも男性にもお選びいただきやすい商品です。

スタッフの推しポイント

一見無地のようですが、控えめな柄行で品のある色づかいが好印象な商品です。作業現場ではもちろん、タウンユースにもお勧めです。サンプリングや展示会などお客様と接する機会があるシーンにも対応します。スッキリと無駄のないでデザインですが、ポケットも充実しているので、小物類の収納にも困りません!
空調風神服 EBA5027

空調服 74200(自重堂)

収納可能なフックハンガーを搭載している、フルハーネス対応の空調服ベストです。遮熱加工(チタンコーティング)を施しておりますので、未加工布と比べると、-3℃以上を実現できる商品です。無地とカモフラ柄、両方の商品展開がありますので、お使いいただくシーンやお好みに合わせてお選び下さい。

スタッフの推しポイント

お洒落なデザインでフルハーネス対応ですので、高所作業でお使いになる空調服をお探しの方にお勧めです。Dカンはフルハーネス未着用時はポケットに収納することが出来ます。フルハーネス着用時も未着用時もスタイリッシュに着こなしていただける商品です!高所作業では、日差しに体力を奪われ、連日疲労が蓄積すると思いますが、74200シリーズで遮熱加工空調服の涼しさをぜひ体感してみて下さい。熱中症対策の一つとして最適です!
空調服 74200

その他にも今季の注目の新機能

空調服・空調風神服は日々進化し、毎年多くの新機能を持った空調服が登場しています。そんな機能の中でも今季注目の機能をいくつかピックアップして紹介していきます。

クイックフリーファスナー

高所作業のフルハーネス着用の義務化により、フルハーネス対応の空調服が注目を浴びています。そんなフルハーネス対応モデルで注目の新機能が「クイックフリーファスナー」です。クイックフリーファスナーとは、左右にひっぱるだけで簡単にファスナーが広がる仕組みのことです。普通のファスナーの場合、フードなどウェアの一部が引っかかることにより首を締めてしまうリスクがあります。上記のような作業中の事故を防止するために役立つ機能です。

高強度コーディラ ファブリック

高強度コーディラR ファブリックとは、アメリカのインビスタ社が開発した高強度の素材です。軽量ながらも摩擦や擦り切れ、ひっかきなどに強い事から、アウトドアテントや軍事用品などにも多く採用されています。裏面にポリウレタン加工が施されているため、撥水性が高いことも特徴です。

裾ずり上がり防止ループ

裾ずり上がり防止ループとは、ベルトのループに裾をつなげられるような構造にすることで、動作中にウェアの裾がずり上がって空気が漏れないようにする機能です。頻繁にしゃがんだり屈んだりするような、アクティブな作業をおこなう方々にオススメです。

風気路メッシュ

風気路メッシュとは、ウェアの内部に風の気道を確保するための機能です。一般的な素材の場合、汗をかいた時に生地が肌に貼り付いてしまい、風の経路を確保することが難しくなる場合があります。風気路メッシュを搭載することで、風気路をしっかりと確保することができるのです。

2裏チタン加工の空調服で夏を快適に

今回は、「裏チタン加工」についての基礎知識から、オススメの裏チタン加工空調服・空調風神服について解説しました。

裏チタン加工を施した空調服・空調風神服は、紫外線や赤外線を遮断することにより体感温度を2℃ほど低くするため、真夏の現場仕事や屋外作業に最適です。

2021年は、裏チタン加工のモデルが大ブレイクすること間違い無いでしょう。