空調服 フルハーネスは上から装着派?下に装着派?[更新]

空調服にフルハーネスを着用仕方

2018年から2019年にかけて労働安全施衛生法が改正・施行されました。

建築現場などの高所作業においては、基本的にフルハーネス型の墜落制止用器具(旧・安全帯)が原則化され、昨今爆発的にブームが起きている空調服を着用する場合にも、それは例外ではありません。

空調服を活用しながらフルハーネスを装着する場合には、大きく2つの装着法があります。

今回は、空調服を着用する場合のフルハーネス装備について、着用法別のメリット・デメリットを解説していきます。

改正・労働安全法(安衛法)が施行

厚労省は、作業中の事故を未然に防ぐ目的で、2018年に労働安全衛生法を改正しました。翌年の2019年2月1日から施行されています。

この改正によって、高所での業務・作業においては、基本的にフルハーネス型の墜落制止用器具(旧・安全帯)の使用が原則化され、一定以上の高所(6.75m以上の高さ・建設業は5m以上)においては“義務”となることが決定しました。

また、いわゆるU字つりタイプの胴ベルトは、墜落制止用器具(旧・安全帯)として今後は使用することが不可能となりました。今後はフルハーネスか、1本つり型の胴ベルトと併用しなければなりません。

具体的には、以下のような法改正がなされました。

・高さが2m以上の高所において、作業床(足場の作業台・機械の点検台など)が設置できない場合には、墜落制止用器具を着用すること

・墜落制止用器具は、フルハーネス型を原則とすること

・6.75m以上の高さにおいては、フルハーネス型が“義務“となる(建設業は5m以上で推奨)

・6.75m以下(建設業は5m以下)においては、胴ベルト型も使用可能

旧来の法律に基づく旧規格の“安全帯”は、2022年の1月1日までは使用することができます。しかし2022年1月2日以降には“墜落制止器具”と規定された、新企画の製品を使用しなければいけません。

一般の小売店などでは、まだ上記の2規格を並行して販売することができるため、もし近日中に墜落制止用器具を購入する場合には、できるだけ製品の説明をよく読んでから選びましょう。

空調服にフルハーネスを装着する2種類の方法

2022年のフルハーネス完全義務化を見据えて、空調服にもフルハーネス対応のモデルが着々と増えてきています。

「フルハーネスを装着するためには、かならずフルハーネス対応の空調服を選ばないといけないの?」といった疑問を持つ方もいるかもしれませんが、実は必ずしもフルハーネス対応のモデルを選ばなければいけないわけではありません。

一般的に、フルハーネスの装備の仕方は空調服の中に装着する方法と、インナーベストを下に着用したうえで空調服の上に装着する方法の2通りがあるのです。

以下、それぞれの方法のメリット・デメリットについて解説します。

空調服の下に装着する方法

ウェアの内部にハーネスを装着し、上から空調服を着用する場合には、「フルハーネス対応」と謳ったウェアを選ぶ必要があります。

「フルハーネス対応」とされている製品は、ウェアの背中部分に、ランヤードと呼ばれる部品を外に出す穴が存在します。

フルハーネスを着用して、ランヤードを服の外側から差し込みハーネスと接続します。

メリット

フルハーネス対応となっている空調服のウェアは、基本的にファン落下防止などの必須機能が備わっており、ハーネスを装着すればそのまま高所作業に臨むことができます。

またUV加工などの遮熱機能が付いた製品も多く、高所での業務に必要な性能が一通り付いているため、高所作業を多くこなす方々へは特にオススメです。

デメリット

フルハーネス対応の空調服は、一度ハーネスを取り付けてしまうと容易に着脱することができないので、休憩時などに脱ぐ際には面倒に思うこともあるかもしれません。

また現場でフルハーネスを装着しているかどうかが見えづらく、安全確認を特に重視するような現場においては、さまざまな工夫が必要かもしれません。

インナーベストを着用し、空調服の“上に”装着する方法

次に、空調服の上にハーネスを装着する場合です。

まず、フルハーネスを空調服の上からそのまま着用すると、フルハーネスの締め付けにより冷涼効果が薄まってしまいます。衣類内部に風が循環せず、また首などから風が抜けて行きづらくなることにより、熱が逃げずに暑いままとなってしまうのです。

しかし、空調服の下にメッシュ加工が施されたインナーベストを着用することで、フルハーネス装着時にも身体と空調服との間に適度な空間が生まれ、風が通るスペースを確保することができます。

一般的なインナーベストは、重量も数百グラム程度と軽量であり、動作を妨げることもありません。くわえて、多くのインナーベストには保冷剤を入れるポケットが設けられており、空調服の冷涼効果をさらに高めることもできるのです。

したがって、フルハーネス非対応の空調服の上からフルハーネスを装着したい場合には、インナーベストは必須アイテムです。

インナーベストを着用して、空調服の上からフルハーネスを装着する場合のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

ウェアの中にフルハーネスを装着するタイプと違い、着脱が容易です。

たとえば、お昼の休憩や打合せなどでフルハーネスだけを脱ぎたい時に、いちいち空調服を脱ぐ必要がありません。

また、朝礼や安全確認などの際に、フルハーネスをきちんと装着しているかどうかがひと目でわかります。

デメリット

フルハーネス非対応の空調服にフルハーネスを装着して活用する場合、安全性という観点では少し物足りない仕様となっていることがほとんどです。

具体的には「落下防止機能」の有無です。

高所作業で空調服を着用する際の注意点として、ポケット内部の物やファンの落下のリスクが挙げられます。高い場所からファンなどが落下することにより、危険な事故となってしまう可能性が高まるからです。

したがって、フルハーネス非対応の製品であっても「落下防止ネット」が最初から備わっているモデルがオススメです。

それではフルハーネス対応商品の中からそれぞれオススメの商品をご紹介させて頂きます。

空調服内にフルハーネスを装着するタイプ

空調風神服 KU95990G ベスト

フルハーネスを着用する上で、必要な機能ランヤードの取り出し口、ランヤードをかける胸のD環、ファン落下防止ネットなどが装備されており、フルハーネス着用で不便に感じるこがございません。また、クイックフリーファスナーが採用されており、ファスナーに軽い負荷をかける事によって、ファスナーが解放出来る仕様になっており、事故リスクを軽減出来ます。高所作業中の安全面を第一に考えた安心できる空調風神服となっております。

スタッフ推しコメント

高所作業、とび職に人気のベストタイプの空調風神服です。必要機能は全て備え、ユーロスタイルで着回しのしやすい濃い目のグレートとネイビーの2色展開です。

空調風神服 KU95990G

空調服 54090 半袖ブルゾン

ウレタンコーティングによる遮熱加工が入った商品になっており、未加工布と比較し-5℃以上を実現する素材を使用しております。肩や袖といった消耗が激しい箇所には高強度の特殊素材コーデュラで補強されておりますので、より長くご使用いただけます。フルハーネス着用時に必要な機能は全て備えており、また撥水加工・UV加工が施さていますので、屋外の建設・工事現場や高所作業を伴う現場などに適した商品になります。

スタッフ推しコメント

フルハーネス対応の中で最新の機能を全て取り入れた空調服になっております。とにかく良いものがいい、最新の機能を使ってみたい新しい物好きの方にはピッタリの商品です。

空調服 54090

空調風神服 F2JE0182 長袖ブルゾン

スポーツブランドのミズノ社より発売された高品質な高所作業対応の空調風神服になります。競技スポーツで培ったミズノ独自の動的裁断方法である【DynamotionFit】を採用しており、動きやすさ追求した構造になっており、 耐久性にもすぐれた生地を使用しております。フルハーネス対応の機能も十分にあり、落下した際の安全性を重視したクイックフリーファスナーも採用されております。

スタッフ推しコメント

スポーツメーカーならではのデザインで着心地もよく、値段が高いだけあります。せっかくなら良いものを検討してみはいかがでしょう?

空調風神服 F2JE0182

空調服外にフルハーネスを装着するタイプ

空調服 AZ30587 フルハーネス用ベスト

スペーサーパッドを併用することで、墜落制止用器具を空調服の外に見えるように着用すること出来、フルハーネスが見えるように着用することが義務付けられた現場でもご着用頂けるベストタイプの空調服になっております。ウエスト部分は縦ポケットとなっており、フルハーネスの影響を受けにくい仕様になっております。

スタッフ推しコメント

フルハーネスを作業服の上から着用したときに意外と困る収納のなさ、両袖の大容量のポケットとフルハーネスを着用した状態でも使えるウエストポケットが解決してくれます。

空調服 AZ30587

空調服 AZ50297 フルハーネス対応ベスト

屋外での作業時に後身頃に収納されている「遮熱シェード」を展開することでヘルメット内部まで風を誘導し、頭部まで冷却出来ます。両袖、胸、ウエストに配置されたポケットは全て縦ファスナーとなっており、取り出しの際、フルハーネスの影響を受けづらい仕様となっております。スペーサーパッドを併用することでフルハーネスの着用が出来ます。

スタッフ推しコメント

炎天下の中で一番日焼けしてしまう首元を守ってくれるありそうでなかった新機能を搭載した空調服です。フルハーネスに必要機能も十分に備え、空調服の上からフルハーネスを装着する際の最適解かもしれません。

空調服 AZ50297

空調服 AZ30697 フルハーネス用ベスト

特殊生地ペンタスRαを採用したベストタイプ空調服になります。優れた吸水性、ソフトな風合い、上質な表面感。防透、UVカットなど優れた機能がある生地なっております。生地目もスーツやコートに良く使われるヘリンボーンとなっており、見た目にもオシャレなパターンになっております。スペーサーパッドを併用することでフルハーネス対応が出来、フルハーネス対応としての機能の備えており、両袖、ウエスト部分は縦ファスナーになっており、フルハーネス着用時に干渉を受けづらい仕様になっております。

スタッフ推しコメント

ヘリンボーンのオシャレな見た目だけじゃない高機能な空調服になっております。リンクから詳細を確認してみてください。
空調服 AZ30697

空調風神服 KU92011V

風神ベストを使用する事でフルハーネス対応可能なクールなデザインが印象的なユーロブルゾンです。軽やかでタフな薄手ヘリンボン生地で、生地にヘリンボン特有の風合いを持たせつつ、やわらかな着心地を再現してます。耐久性に優れた生地ですので、現場を選ばず、幅広く活躍する商品です。ファン取付部分には、作業中のファン落下防止のためネットが付いているので安心です。両袖にデザイン性のある反射テープ付で、作業者の安全性を確保するだけではなく、ブルゾン全体のスタイリッシュなデザインが引き立ちます。

スタッフ推しコメント

どなたにも似合いやすい、柔らかな色合いとヘリンボーン柄が魅力です。両胸ポケットの配色が縦のラインを協調して、スタイルUPが期待できます。細やかなデザインにこだわった商品で、襟元からチラリと見えるオレンジのタグや、カラーカン止めもワンランク上のお洒落な雰囲気を醸し出します!
空調風神服 KU92011V

空調風神服 AT030

猛暑の中での作業による熱中症予防に空調服を取り入れていただくケースが多いと思います。珍しい、ダブル遮熱ができる対応のベストです。生地表面にプリントされているドットマテリアルが日差しなど外部からの熱を効果的にはじき、作業者の熱疲労を軽減します。さらに裏面にはチタンコーティングが施されており、トップクラスの遮熱性能を実現した商品です。最大で-14.5℃の極涼仕様ですので、日中の長時間の作業の際には強い味方になりお勧めです。ハーネス用風神ベスト対応ですので、上からハーネスを付けても、風通りが良く涼しいです。取り外し可能なデチャッタブルフードやファスナー付き胸ポケットなど遮熱以外の機能面も充実していて便利です。

スタッフ推しコメント

抜群遮熱効果と、インパクトの強いメタリックプリントがカコイイ!!カラーも、合わせやすいグレーの他、明るいカラーもありますので、お洒落にこだわりのある方にはぜひお勧めしたい商品です。
空調風神服 AT030

空調風神服 AT3540

他にはあまり見ないデザインの、ボリューム感を感じさせるオフタートルネックシルエットのベスト型空調風神服です。立襟・高襟仕様で涼風が首裏から首筋を包み込んで風が通り抜けるデザインになっております。トンネル構造で大容量の風が360℃風が吹き抜けるので、涼しさが抜群の商品です。また、生裏チタンコーティングにより、遮熱性がUPします。遮熱効果は最大で-12.5℃が期待できます。フード部分は大き目ですので、ヘルメットを被ったままでもフードを被る事ができます。表面に一時撥水加工がされておりますので、フード&撥水効果で、急な天候変化にも対応することが出来る高機能な商品です。ベスト内側には保冷剤ポケットがありますので、凍らせた保冷材を入れて着用すれば、一段と涼しさを感じる事ができます。ハーネス用風神ベストと合わせてのご使用で、ハーネス着用の現場でも、大活躍する商品です!

スタッフ推しコメント

暑さを感じやすい首元に大容量の風が吹き抜ける、斬新なデザインが魅力的です。ベーシックなデザインとカラーでどなたにも選んでいただきやすいのもポイントです!
空調風神服 AT3540

フルハーネスース装着用オプションアイテム

AZ-865939 フルハーネス型対応専用スペーサーパッド

アイトス社のフルハーネス対応の空調服に装着することで、フルハーネスを着用した際も衣服内にスペースを確保し、空気の通り道ができ空調服本来の快適さを保ちます。
フルハーネス型対応専用スペーサーパッド

KU99120 フルハーネス対応インナーベスト

弾力性のある立体素材を使用している為インナーとして着用する事により服の上からハーネスを装着しても衣服内に風が巡る為の空間が確保されます。
KU99120

AT007 風神ベスト ポケットプラス

インナーとして着用する事で空調風神服の上からフルハーネスを着用できます。
従来のインナーベストと比べ保冷剤を入れより冷却効果を高める保冷剤ポケットが3つにプラスされたインナーベストです。
https://www.kuchou-fuku.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001264

フルハーネス対応が原則化! 使用環境に適した空調服を選ぼう

今回は、改正・労働安全法の具体的な内容から、空調服にフルハーネスを装着する2つの方法について、それぞれのメリット・デメリットを解説しました。

空調服のフルハーネス装着法には、「ウェアの内部に装着する方法」と「ウェアの上から装着する方法」の2通りの選択肢があります。

それぞれの着用法には一長一短あり、使用環境や業務現場に合わせて適したモデルを選ぶことをオススメします。

フルハーネス装備に適した空調服を選び、高所作業でも安全に作業をおこないましょう。