プロが教える!後悔しない「安全靴」の選び方!

現場仕事などで足元に関する事故を防ぐために着用する靴のことを、一般的に「安全靴」と呼びます。

安全靴にもさまざまな製品が存在しますが、実は“正しい選び方”があることをご存知でしょうか?

今回は、安全靴のプロでもある弊社のスタッフが、安全靴の基礎知識から、後悔しない安全靴の選び方まで解説させていただきます。

そもそも「安全靴」とは?

「安全靴」とは、つま先部分や足底部分に鉄などを配置し、靴底に滑り止めを備えた、安全性の高い靴のことです。重い荷物を足に落下させてしまうリスクや、釘や金属片を踏んでしまうリスク、ヌルヌルした場所で滑って転んでしまうリスクなどを防ぐために製造されています。

一般的にはこのように認知をされており、この認識自体は間違ってはいないのですが、実は上記のような説明だけでは安全靴の正確な“定義”としては正しいとはいえないのです。

安全靴の定義

安全靴
安全靴の工業規格上の正確な定義とは、「つま先を鉄芯で防護し、滑り止めを備える靴で、靴を構成する要素すべてがJIS規格(=日本工業規格)に適合しており、JIS認定の工場で製造され、JISの試験を通過した、JISマークが付けられた製品」のことです。

つまり、実はJIS規格に合格していない製品は、正確には「安全靴」とは呼べないのです。

市場にはJIS規格に合格していない製品が多く流通していますが、それらの製品は「セーフティシューズ」などの名称が付けられています。

セーフティーシューズと安全靴の違い

安全靴・セ―フティーシューズ

セーフティーシューズとは

セ―フティーシューズとは、「プロテクティブスニーカー」や「作業靴」とも呼ばれており、安全性や耐久性の高いフットウェアです。安全靴と比べて長時間履いていても疲れにくく、軽量で動きやすいモデルが多いことが特徴です。

前述のとおり安全靴として定義できるJIS規格の条件は満たしていないものの、一定程度の安全性が保証される「JSAA規格(日本保安用品協会の制定規格)」に合格した製品が多く提供されています。安全靴ほどの強度は必要ないけれど、それなりに頑丈で、動きやすさや軽量性などを重視したい方々へ向けた製品といえるでしょう。

また、JIS規格に適合する必要がないことから様々な素材が採用可能であり、デザイン性の高い、カジュアルな印象のモデルが多いことも特徴です。

本稿においての安全靴とは、正確な定義での安全靴(JIS規格に完全に適合した製品)を指すものとします。次項にて、安全靴の種類を紹介していきます。

安全靴の種類

安全靴は、耐衝撃性能・耐圧迫性能、表底の剥離抵抗性能により、以下の3種類に分けられます。

H種(重作業用)

100ジュールほどの耐衝撃性能と15キロニュートン(約1.5トンの荷重)ほどの耐圧迫力を持ち、鉱山での業務や鉄鋼作業、造船作業において使われるタイプです。

前述のJSAA規格製品には、H種に適合する製品はありません。

S種(普通作業用)

70ジュールほどの耐衝撃性能と10キロニュートン(約1トンの荷重)ほどの耐圧迫力を持ち、おもに建築現場などで使われるタイプです。

L種(軽作業用)

30ジュールほどの耐衝撃性能と4.5キロニュートン(約1.5トンの荷重)ほどの耐圧迫力を持ち、軽作業などの用途で使われるタイプです。

自分に合った安全靴の選び方

安全靴・セーフティーシューズを選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

作業に合った安全靴を選ぶこと

安全靴・セ―フティーシューズ
安全靴・セーフティーシューズには、さまざまなタイプの製品があるため、作業の内容やシチュエーションによって使い分けることが大事になります。

たとえば、本革を使用した安全靴は熱に強いため、溶接工場などに適しています。ナイロンを使用したセーフティーシューズは、軽く通気性にすぐれているため、倉庫業や軽作業系などに向いているでしょう。精密機械工場などの場合には、静電気の帯電防止機能が付いたモデルが推奨されます。雨の日には耐滑性のあるモデルが活躍できます。

このように、活用環境の性質に合わせた製品をきちんと選ぶことが肝心になります。

また、現場によっては、JISやJSAA工業規格に合格した安全靴やセーフティーシューズの着用を義務付けられている場合もあるため、指定外のものを履いていかないよう、注意しましょう。

いま売れている「安全靴」「セ―フティーシューズ」をご紹介!

最後に、いま売れ筋の安全靴とセ―フティーシューズを、それぞれご紹介いたします。

シモン FD11(安全靴)

シモン FD11

シモンのFD11は、JIS規格のS種(JIS T8101・革製S種・普通作業用)に適合する安全靴です。

優しい風合いの牛革を甲被部分に使用し、靴底には耐薬品、耐熱、耐油の特徴を持つ合成ゴム(ニトリルゴム)を配しています。優しい履き口クッションが採用されており、ソフトな着用感を実現しています。また、つま先にはワイドな鋼の先芯を配置しており、安全と安定性にすぐれたモデルです。

カラーはブラックのみとなっています。

ミズノ F1GA2101(セ―フティーシューズ)

ミズノ F1GA2101

スポーツメーカーのミズノが提供するF1GA2101は、ミズノが有する長年のスポーツテクノロジーが存分に生かされた、セ―フティーシューズです。

3本ベルトタイプになっており着脱が容易なほか、甲周りを調節することでしっかり固定可能です。硬質な樹脂の先芯をつま先部分に採用しており、丈夫です。かかと部分はセル構造となっており、ソールは軽く弾力性にすぐれた「U4icX(ユーフォリック)」という素材を使用しているため、クッション性も抜群です。高い衝撃吸収力、そして耐油性と対滑性を持ちます。

またつま先部分と履き口の内側には人工の皮革を使用し、擦り減りに強く、耐久性があります。

側面には反射材を配置しているため、夜間の作業にも安全です。

カラーラインナップは、ライトグレー×ホワイト、ネイビー×イエロー、イエロー×ダークグレーの3色展開となっています。

アシックス CP211(セ―フティーシューズ)

アシックス CP211

つま先部分は、ガラス繊維強化樹脂製の軽量先芯を搭載し、かかと部に暗いところでも光を反射する再帰反射材を採用していて、安全性と軽量性が両立されたセ―フティーシューズです。

また、ミッドソールのかかと部には、優れたクッション性を発揮する独自開発の「fuzeGEL」を内蔵され、つまずきを防ぐためにつま先をあげています。

アウターソールには、油で劣化しにくい耐油性ラバーを使用し、作業用靴として必要な耐油性と耐摩耗性に優れた素材と滑りにくさが改善されています。歩きやすさや負担を軽減するために、インソールには足のアーチを支えてかかとの内側への倒れ込みを抑える立体形状のSRB中敷が採用されています。

プーマ PUMA UW-635540(セ―フティーシューズ)

プーマ PUMA UW-635540

セーフティシューズに見えないスタイリッシュなデザイン性があり、脱ぎ履きもよりスムーズになるよう内側にはインサイドジッパーが配置、
ジッパーのひっかかり防止の工夫も装備しています。

アウトソールは耐熱性とブロックパターンによる優れた滑り止め防止機能が装備されています。

パワープレートは、ねじれを抑制し安定性をサポートされていて、軽量で保護性能にもすぐれたセ―フティーシューズです。

目的・環境に合った安全靴を選び、事故のリスクを未然に防ごう

安全靴・セ―フティーシューズ

今回は、「安全靴」について、基礎知識から正しい選び方、今おすすめの製品まで解説しました。

危険の多い現場では、普通の靴ではなく安全靴やセーフティシューズを履くことで、足元の事故リスクを大幅に低下させられます。

安全靴とセーフティシューズはどちらが優れているというものではなく、それぞれの強みを認識して、シチュエーションによって使い分けることが大事です。

作業内容や活用環境に合った製品を選び、安心・安全に業務をおこないましょう。

ユニフォーム相談窓口