「綿100%空調服®・空調風神服」を導入した企業さまに聞きました

「綿100%素材のファン付きウェア(空調服®・空調風神服)、ウチの企業に合いそうだし、導入するべきだろうか……?」

ファン付きウェアの導入を検討している企業さまの中には、上記のようなお悩みを抱えている担当者の方もいるのではないでしょうか?

そんな方々のために、今回は綿100%素材のファン付きウェアを実際に導入している企業さま5社より、導入したウェアについてのご感想を伺いました。

綿100%のファン付きウェア(空調服®・空調風神服)のメリット・デメリット どんな仕事や作業に向いている?

綿100%素材は、Tシャツをはじめとしたカジュアルウェアによく使われていますが、ファン付きウェア(空調服®・空調風神服)にも多く採用されています。

以下、綿100%素材のメリット・デメリット、適した作業などについて解説します。

綿100%素材ウェアのメリット

綿100%素材を使ったウェアのメリットは、頑丈で肌触りがよく快適なこと。繊維がとても細かいため、肌の弱い方でも安心してご着用できる素材となっています。また、吸水性が高く、汗などをすぐ吸い取ってくれることもメリットとなります。

耐熱性を持ち難燃素材であることもポイントで、ポリエステルやナイロンなどの化学素材と比べて燃えにくいため、溶接工場など火花が散りやすいシチュエーションにおいては綿素材のウェアが使われていることが多いようです。

綿100%素材ウェアのデメリット

綿100%素材を使ったウェアのデメリットは、ポリエステルなどの化学素材と比べて速乾性に劣ることやシワがつきやすいこと、縮みやすいこと、色落ちしやすいことなどが挙げられます。

また生地が厚くて頑丈である代償として、少し重くなってしまうこともデメリットといえるでしょう。

綿100%素材ファン付きウェアの取り扱い上・注意点

綿100%素材のウェアについて、実際に取り扱う上での注意点について説明します。

ほかの衣類とはなるべく一緒に洗濯しない

綿100%素材は、色落ちしやすいという性質があります。そのため、色移りさせたくない衣類とは、できるだけ一緒に洗わないようにしましょう(購入したての時期は特に)。

予備のウェアを用意しておく

綿100%素材のウェアは、化学素材と比べると洗濯後に乾きにくいため、次のお仕事の時間までに乾ききらない可能性も考慮する必要があります。そのため洗い替え用として、予備のウェアを数着ほど所有しておくことをおすすめします。

企業さんに聞きました! なぜ綿100%のファン付きウェア(空調服®・空調風神服)」を導入しましたか?

回答1:火を扱うことが多いため

溶接

私どもの企業は、鉄鋼をはじめ、さまざまな金属を溶接加工する工場を経営しています。

業務の性質上、火を扱う作業も多く、ポリエステルなどの化学素材を使ったファン付きウェアでは災害を誘発してしまうリスクが考えられたので、綿素材のウェアを導入するに至りました。

回答2:丈夫で肌触りが良いことが条件だったため

溶接

弊社は、建設関係の事業を営んでいます。

住宅やビルなど各種建造物の建設を請け負っており、比較的ハードな現場が多いため、作業員の安全性・作業中のコンディションを高めるべく、頑丈で快適なウェアを支給する必要がありました。

綿素材100%のウェアは耐久度が高く、なおかつ着用感にもすぐれているので、現場からも好評ですよ。

企業さんに聞きました! 導入したファン付きウェア(空調服®・空調風神服)」について教えて下さい

綿100%素材のファン付きウェア(空調服®・空調風神服)を実際に導入している企業の担当者5名より、購入したファン付きウェアについての感想などを語っていただきました。

建設会社 C社 導入商品:空調服® 74000(自重堂)

・導入理由を教えて下さい→ 「見た目の綿の風合いとカッコよさ」

「弊社に導入したのは、自重堂の74000です。選んだ決め手としては、綿素材の優しい風合いと心地よさ、そして何より外観デザインのカッコよさです。以前はポリエステル素材のファン付きウェアを採用していたのですが、肌のあまり強くない社員・数名から素材変更の要望があり、このたび綿100%素材の本製品に変更した形です。前述の社員からは着用感が良いと評判ですし、見た目がオシャレだから仕事のモチベーションも上がる、との声も出ていますね。」

74000-HLBS21

74000-HLBS21 モデル

工場運営 R社 導入商品:空調服® 54110(自重堂)

・導入理由を教えて下さい→ 「火を扱う現場のため綿100%素材であることと、スタイリッシュなデザインが良かったから」

「工場を運営しています。業務の性質上、火気を頻繁に扱うため、化学素材のウェアではなく綿100%素材のものである必要がありました。綿素材のウェアで絞り込み、最終的にはデザインの良さで54110に決定。胸部分の英字プリントがアクセントとして効いており、格好良いと思いました。いま話題の新庄剛志さんがイメージキャラクターをつとめているのも決め手のひとつになったかもしれませんね。」

54110-HLBS21

54110-HLBS21 モデル

建設会社 O社導入商品:空調風神服 91450(サンエス)

・導入理由を教えて下さい→ 「綿素材ながらシワが目立ちづらく、扱いやすいウェアを探していたため」

「綿素材はシワになりやすいというのが懸念事項でしたが、半袖タイプのウェアを選ぶことでシワが目立ちづらく、日々の着脱も容易で、扱いやすいと思い、91450に決めました。実際に着用してみると確かに涼しいし、快適ですね。評判も上々ですし、洗い替え用の予備ウェアも本モデルで支給しようと考えています」

KU91450-LBS22

KU91450-LBS22 モデル

建設会社 K社 導入商品:空調風神服 BK6127F(ビッグボーン)

・導入理由を教えて下さい → 「涼しくて肌触りの良い所が良かった」

「高所で作業の多い、建設系の会社を営んでいます。かねてから熱中症対策として社員へのファン付きウェアの導入を検討しており、今年度ついに購入に至りました。弊社業務の性質も考慮すると綿100%素材が最適だと思い、こちらのモデルを選びました。実際に着用してみて、非常に涼しく肌触りの良い点が気に入りました。長袖で皮膚を怪我する危険性も少ないし、フルハーネス対応で墜落に対応するクイックフリーファスナー仕様のため、高所作業も安心。労災問題に関しての心配が少なくなったのが嬉しいですね」

BK6127F-LBS22

BK6127F-LBS22 モデル

建設関連会社 E社 導入商品:空調服®︎ XE98019(ジーベック)

・導入理由を教えて下さい→ 「スリムシルエットでアウトドアにもOK」

「スリムでスタイリッシュなシルエットが気に入りました。業務中のユニフォームとしてはもちろんのこと、定期的に催している社員主催のBBQパーティーなどのアウトドアにも適しているなと思い、デザイン性にすぐれたXE98019を選びました。縦型のチャックも使いやすいし、仕事にも遊びにも使えるような、絶妙なバランスのウェアだと思います」

XE98019-HLBS21

XE98019-HLBS21 モデル

頑丈で着用感にすぐれた綿100%素材のファン付きウェア(空調服®・空調風神服)! 上手に活用して、快適に作業を行おう

綿100%素材のファン付きウェアを導入している企業さま5社より、「購入したファン付きウェアとその理由」を伺いました。

綿100%素材のウェアは肌触りがよく耐久性にすぐれており、着用することで快適なコンディションを保ちながら作業が行えます。

導入をご検討中の企業の担当者の方は、自社の業務内容、労働環境などを考慮して、適切なファン付きウェアを選びましょう。