空調服をより快適に! インナースペーサーの優れた効果とは?

空調服のインナースペーサー

高温 多湿

日本は高温多湿の国であり、夏季は毎年のように猛暑の日が続きます。

猛暑下の熱中症リスクを防ぐためには、服の内部へ人工的に送風することで体温を下げ、冷涼感を得る “空調服”“空調風神服”の着用がオススメです。

“空調服”“空調風神服”の空調効果を高める鍵は、服の内部の十分なスペースの有無です。風が通る経路が広く確保されていることにより、高い冷涼感を得ることができるのです。

今回は、“空調服” “空調風神服”の冷涼性・快適性をさらに高めるアイテム、「インナースペーサー」の効用について、さまざまな観点から解説していきます。

空調服が涼しくなる仕組みとインナースペーサーの有効性

空調服の中に着るインナスペーサー

日本の夏は暑く、30度を超えるような炎天下の日が続くことも珍しくありません。過酷な環境のなかで業務を行い続けると、体力の低下とともに、熱中症を引き起こしてしまうリスクが高まります。

高温環境のなかでも快適に作業を行うためのアイテムとして制作されている製品が“空調服”“空調風神服”です。業務中の熱中症・脱水症状の防止策として、幅広い業界にて使用されています。

“空調服”“空調風神服”は、ウェアの内部へ大量の風を送ることにより汗を効率的に蒸発させて、体温の上昇を抑えることができるアイテムです。ウェアの後部に付いた2つのファンから外気を取り込み、上半身を満遍なく経由して袖口や肩口、首元から排出されていくという構造になっています。排出時の送風により、ウェアで直接カバーされていない顔や首元の汗も乾きやすくなり、涼しく快適な状態を維持しながら作業に集中することができるのです。

“空調服”“空調風神服”の力を最大限に発揮するためのポイントは“風の流通経路”です。着用者の体との間に十分なスペースがないと風の経路が遮断されてしまい、理想的な着用効果が得られないからです。

例えば、フルハーネス装着時や、重いリュックなどを背負う時などは、服が圧迫されてしまい、空気の循環性が低下して、本来の冷涼感が得られなくなってしてしまいます。

解決策としては、“空調服”“空調風神服”の下に「インナースペーサー」を着用することです。体との間にスペースを確保することにより通気性が改善して、高い冷涼感・快適さを実現できるのです。

こんな人はインナースペーサーがオススメ!

インナースペースは、おもに以下のような条件下にて空調服を着用する方々にオススメします。

荷物を背負う機会が多い人

多くの荷物を背負って作業する業務の場合、荷物や装備の重さの影響で、“空調服”“空調風神服”と体が密着してしまい、風の対流性が損なわれてしまう可能性があります。

インナースペーサーを使用することにより“空調服”“空調風神服”との密着を防ぎ、風の流通経路を確保して、冷涼感と快適さを維持することができます。

厚い生地で作られた空調服を着用している人

例えば、綿を使用して作られた“空調服”“空調風神服”は燃えにくく頑丈ですが、ポリエステル素材の製品と比べると、やや厚みが感じられます。

場合によっては、服の厚みが内部を圧迫して、風の経路として十分なスペースが設けられなくなる可能性があります。

このような場合にもインナースペーサーを着用すれば、“空調服”“空調風神服”との密着を防ぐことができ、必要なだけの送風空間を確保できます。

フルハーネスを装着する人

2019年に改正安衛法が施行され、墜落制止用器具(旧・安全帯)の使用においては、フルハーネスの装着が原則化されました。

フルハーネスは、器具の構造上、どうしても体への締め付けが発生します。

“空調服”“空調風神服”の上にフルハーネスを装着する場合には、ウェアの内部にインナースペーサーを使用することで、空気の循環スペースを確実に確保することができます。

保冷剤で効果倍増! 空調風神服 アイスベスト

空調風神服 アイスベスト
袋に入った薬剤を凍らせて、対象に密着させることにより温度を低下させる製品を「保冷剤」といいます。

“空調服”“空調風神服”の着用とともに保冷剤を身につけることで、さらに高い冷涼感を感じることができます。

複数の保冷剤の力で、ウェア内部を循環する風を冷却するために作られた製品が、サンエス制作の空調風神服インナーベスト「KU99100」、通称“アイスベスト”です。

4箇所の保冷剤で風を冷やし、クール感を倍増!

保冷材で冷却効果を強化

アイスベストは、背中部分・両腰部分へ、合わせて4つの保冷剤を収納できる構造を持つインナーウェアです。

4箇所に装着した保冷剤で循環中の風が冷却されることにより、高い冷涼感が得られます。

炎天下の屋外業務など、特に暑さが予想される現場で作業をおこなう場合、 “空調服”“空調風神服”のインナーとしてアイスベストを着用することをオススメします。

フルハーネス着用時の強い味方 風神ベスト

空調風神服 風神ベスト
前述のとおり、フルハーネスを装着すると、体への締め付け感や、ある程度の圧迫感を感じることは避けられません。したがって、“空調服”“空調風神服”の上に装備する場合には、締め付けによりウェア内部の空気の循環が損なわれてしまう可能性があります。

サンエスが制作したインナーベスト「KU99120」、通称“風神ベスト”を下に着用すれば、ウェアの内部に十分な空間が確保できるため、フルハーネスの締め付け・圧迫による風の循環を妨げることなく作業できます。

フルハーネス装着時にも空気循環スペースを確保する

フルハーネス装着時

風神ベストは弾力性の高い3D素材で制作されており、フルハーネス装着時にも、十分なだけの空気循環スペースを確保できる仕組みとなっています。両肩部分にあるクッションはフルハーネス装着時の肩部の疲れを軽減します。また保冷剤を収納できるポケットが1つ付いているため、送風時の冷涼感をさらに向上させることができます。前びらき構造となっており、簡単に着脱できることもメリットです。

風神ベストは、フルハーネス使用時以外でも、リュックを背負う場合や、草刈機を装着した際など、体の締め付けが想定される場合で“空調服”“空調風神服”を着用する際には、大きく活躍するインナーです。

インナースペーサーで、空調服をさらに涼しく、快適に!

今回は、“空調服”“空調風神服”の効果をさらに高める「インナースペーサー」について解説しました。

空調服の下にインナースペーサーを着用することにより、ウェア内部の空気循環を促し、高い冷涼感と快適性を手に入れることができます。

使用環境に適したインナースペーサーを選び、快適な作業を実現しましょう。

空調服ステーションでは、今回紹介したインナースペーサーおよび“空調服”“空調風神服”を、特別価格にて取り揃えています。

ファン付きウェア 空調服を見る

電気で発熱する防寒ウェアを見る