女性は熱中症リスクが高い? 女性に人気の空調服ランキング!

女性の熱中症対策に空調服

暑くなると増加する病気のひとつに、熱中症があります。

いきなりですが、みなさんは、男性と女性ではどちらが熱中症にかかりやすいか、ご存知ですか?

意外かもしれませんが、実は女性のほうが熱中症リスクは高いのです。

今回は、女性がなぜ熱中症になりやすいのか、その理由から、対策としての空調服の効果、製品の選び方まで、解説していきます。

女性は熱中症になりやすい!

毎年のように暑い夏が続いています。

7月は環境省によって「熱中症強化月間」と定められており、注意喚起の情報が発せられます。またテレビや新聞などでも、熱中症について報道する番組や、関連ニュースを見る機会が増加します。

日本では熱中症により、実に毎年5万人以上の人が病院へ搬送されているそうです。

夏に入ると聞く機会の多くなる「熱中症」という病気。まずはこの病気について、あらためて説明します。

熱中症のリスク

熱中症とは?

熱中症とは、高温環境に体が適応できないことにより生じる健康被害の総称です。症状から「熱失神」・「熱けいれん」・「熱疲労」・「熱射病」の4種類に分類できます。一般的には、高温環境の中で水や塩分を取らないことを要因として発病します。

人間の体は、暑くなると自律神経の働きによって血管が拡張し、その流れで汗が放出されます。そして汗が蒸発されることによって、自動的に体温を下げる仕組みとなっています。しかし、汗や塩分が大量に外へ出ているにも関わらず水分を補給しない場合には、体内のバランスが崩れて脱水症状となり、やがて熱中症へと移行してしまうのです。

熱中症は病院への搬送者の男女比率だけを見ると、男性のほうが割合としては多いとされています。しかし、この割合はおそらく労働環境や就業状態などの影響による結果であり、実は体の特性、体質面だけを見れば、女性のほうが熱中症にかかりやすいとされているのです。

女性のほうが熱中症リスクが高いワケ

なぜ、女性のほうが熱中症リスクが高いのでしょうか。

女性が熱中症になりやすい理由としては、女性の持つ以下のような体質・性質が原因とされています。

筋肉量が少ない

体の筋肉は、内部に水分を貯める役割も持っています。一般的に女性は男性に比べて筋肉の量が少ないため、女性のほうが熱中症になりやすいのです。

月経時に水分が排出されてしまう

女性は月経時に、出血とともに水分も排出されてしまいます。そのため脱水気味になりやすく、結果的に熱中症のリスクも高まってしまいます。

更年期による女性ホルモンの低下

女性は更年期以降になると、女性ホルモン(エストロゲン)の低下により発汗機能をコントロールする自律神経が乱れてしまうことがあります。

自律神経の不調から汗を排出しにくくなると、体温の調節がうまくいかなくなるため、熱中症のリスクが高まります。一般に更年期に入るとされる40代はもちろん、若年層においても生理不順などにより女性ホルモンのバランスが崩れると、熱を代謝する機能が低下してしまう恐れがあるのです。

上記のような理由から、女性は熱中症にかかりやすいとされているのです。

女性は熱中症になりやすい

室内でも熱中症の恐怖は健在! 空調服で熱中症に備えよう

女のほうが熱中症のリスクは高いとはいえ、会社の業務でも、主婦業でも、屋外にいる時間は少ないから大丈夫……。そのように思っている女性のかたは多いかもしれません。

しかし、室内にいたとしても、熱中症にかかる可能性は決してゼロではありません。むしろ、熱中症の発症場所として、実はもっとも多い現場は自宅の室内です。したがって、適切な対策を取らない限り、どのような環境においても、つねに発病リスクは存在していると考えましょう。

熱中症対策は、定期的に水分や塩分を取ったり、クーラーで部屋を涼しくすることが王道ではあるものの、過剰に水を飲み過ぎると下痢になる可能性がありますし、クーラーを付けっぱなしの状態でいると電気代がかさみます。また長時間クーラーの効いた部屋にい続けるデメリットとして、汗の代謝機能が低下してしまい、外に出た際、厳しい暑さに耐えられない体となってしまう可能性があります。

そこでオススメの熱中症対策はファン付きウェア(空調服)を着用することです。

室内の熱中症

空調服の効果とは?

空調服の着用が、なぜ熱中症対策として有効なのでしょうか?空調服が熱中症を防ぐ具体的な仕組みと、着用することで得られるさまざまな効用について解説します。

汗を効率よく気化させ、体温の上昇を防ぐ

人間には、暑くなると脳からの指令で必要なだけの汗を流し、汗の気化熱によって体内の熱を排出し、体温を下げる“生理クーラー”という機能がもともと備わっています。

空調服は、ウェアに付いた2つのファンにより体へ大量の風を送ることにより、この生理クーラーの範囲を拡張させ、汗を効率よく気化させて体温の上昇を抑える力があるのです。

したがって、屋外などの高温環境の中に長時間いる場合でも空調服を着用することによって、熱中症や脱水症状となるリスクを低下させることができます。

また小型のバッテリーとファンを組み合わせて駆動させるため、エアコンよりも省コストで、おまけに環境負荷も小さい製品なのです。

熱中症を防ぐほかにも、さまざまな効果

熱中症の対策以外にも、以下のような副次的効果が得られます。

・高温環境でも快適に作業ができる
・汗が蒸発するため、汗臭(汗の臭い)を減らす
・汗による皮膚病にかかる可能性を低減

つまり空調服を用意しておくことで、熱中症をはじめ、さまざまな体への悪影響を防ぐことができるのです。

女性が空調服を選ぶ際の注意点

それでは、女性はどのような観点を持ってファン付きウェアを選ぶべきでしょうか?選び方の注意点について説明します。

普段着ている服よりも1サイズ上or1サイズ下を選ぶ

ファン付きウェアは一般的に、普段着ている服のサイズよりも大きめの製品を選ぶことが推奨されています。

あまりにも体にぴったりしたサイズを選ぶと、服の内部で空気の対流がうまくおこなわれず、空調効果・冷涼感が低下してしまうからです。

しかし、“空調服”“空調風神服”は、「M」や「L」などの表記が男性サイズとしての記載になっている場合があるため、女性が購入する場合には、1サイズ下のウェアを選ぶほうが適切なケースがあります。

実際に着用できる環境であれば良いのですが、ネット通販を利用する際には、サイズの記載について気を配り、慎重に選びましょう。

平均的な体格の女性の場合、一般的な空調服におけるSサイズがちょうど良いとされています。したがって、Sサイズ、もしくはSSサイズが展開されているアイテムのなかから選ぶとよいでしょう。

女性におすすめの空調服ランキング

1位 空調服 SE7019(セロリー)

今年、空調服へ参入した事務服メーカー「セロリー」の女性目線のこだわって開発された空調服です!

空調服 SE7019

2位 空調服 74190(自重堂 Z-DORAGON)

グラフィカルなカモフラ柄お洒落な人気のZ-DORAGON 空調服です!
空調服 74190

3位 空調風神服 G6219(コーコス)

キレイめなカラー展開とデザインが使い回ししやすいと人気のベストタイプ「空調風神服」です!
空調風神服 G5220(

4位 空調服 87500(自重堂)

2021年レディースに力を入れている自重堂から、珍しいハーフコートタイプの空調服です。UVカット加工が施されフードもついいているので日焼け対策にも万全です!
空調服 87500

5位 空調風神服 EBA5038(ビッグボーン)

COOLなキレイ目デザインが女性でも着用しやすい半袖ジャケットです。チタン加工されているので、赤外線・紫外線をカットし凄く涼しいと評判のモデルです。

空調風神服 EBA5039

6位 空調服 87510(自重堂)

2WAY仕様でオールシーズン使える女性向けの空調服です。
空調服 87510

7位 空調風神服 EBA5018(ビッグボーン)

チタン加工で強力なUVカット機能で日焼け対策に効果的な半袖ジャケットです!フードもついてるので、お顔までカバーしたいといった方にお薦めです。
000空調風神服 EBA5018を見る

8位 空調服 XE98018(ジーベック)

アウトドアで使いたいトレンドアイテム「アノラックタイプの空調服」です。
空調服 XE98018

9位 空調風神服 (アイトス)

軽い着心地でガーデニングやゴルフ・ウォーキングといったアクティブなシーンの最適な空調服です。
AZ50196

10位 空調風神服 G5229(コーコス)

シンプルでスラっとした大人デザインの空調風神服でレイヤリングもしやすく人気のアイテムです。
空調風神服 G5229

女性は、熱中症対策として空調服を用意しておこう

今回は、女性の熱中症対策としてファン付きウェアが効果的であることを解説しました。

女性は、体質的に男性よりも熱中症にかかりやすいため、いざという時の対策としてファン付きウェアを備えておきましょう。