【2021電熱ウェア特集】雷神服 定番 電熱ベスト「BO31950」「BO31960」「BO31850」を徹底比較!

】雷神服 定番 電熱ベスト「BO31950」「BO31960」「BO31850」を徹底比較!

「今冬の防寒服として、電熱ベストが気になっているけど、どれを選べばいいのだろう……?」

いま電熱ウェアの購入を考えている方々のなかには、上記のような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、サンエスが提供する冬の防寒ウェア『雷神服』定番の人気電熱ベストにフォーカスし、「BO31950」「BO31960」 「BO31850」を比較紹介していきます。

サンエスの雷神服は他社製と何が違う?

それぞれのモデル紹介に移る前に、まずは『雷神服』についてあらためて説明していきます。

雷神服とは、老舗ワークウェアメーカーのサンエスが提供する電熱ウェアブランドです。雷神服のおもな特徴としては、発熱体が取り外し可能なためウェアを洗濯機で丸洗いできることと、バッテリーが最大12ボルト出力できるほど強力なこと、ワイヤレスコントローラやスマホアプリから遠隔操作できることなどが挙げられます。

また、同社が製造販売しているファン付き作業服の『空調風神服』とバッテリーが共有できることも大きな強みです。夏場には空調風神服、冬場には雷神服を活用することでコストダウンできるため、多くのユーザーから絶大な支持を受けています。

屋外での作業着としてはもちろんのこと、釣りやバイクツーリング、キャンプなどのアクティビティにも相性バッチリであるため、さまざまなシチュエーションにて活躍できる次世代型の防寒ウェアブランドと言えるでしょう。

電熱服ブランド雷神服
雷神服とは

雷神服 電熱ベスト BO31950

それでは製品の紹介に移っていきましょう。

最初にご紹介するのは、BO31950です。

素材について

表地と裏地にはタフタのポリエステル100%、中綿にはポリエステル100%を使用しております。

タフタとは縦の糸と横の糸を交互に交差させて織る生地のことで、ペルシャ語から由来しています。光沢があり、頑丈ながらも表面がなめらかです。また防風性にもすぐれています。

機能について

衿がないため、アウターとしてだけでなく、インナーダウンとしても活用可能です。

また脇ポケットの内部に穴かがりが存在するため、ウェアを着用したまま発熱体を操作可能になっています。

デザイン・カラーバリエーション

ネイビーとブラックの2色展開になっており、上品さを感じさせるキルティング地となっています。

シンプルで誰にでも似合う、オーソドックスな外観が特徴です。

雷神服 電熱ベスト BO31950
雷神服 電熱ベスト BO31950 モデル着用
雷神服 電熱ベスト BO31950

おすすめ業種・活用シーン

素材にタフタが使用されていることから防風性があり、屋外作業に適しています。生地が薄くインナーダウンとしても使用できるため、スーツを着用するビジネスパーソンや制服が指定されているような業種の方々にもおすすめです。

またデザインがカジュアルなことから、業務用途だけでなくパーソナルユースでも活躍できるでしょう。

雷神服 電熱ベスト BO31960

最初に、BO31960について紹介していきます。

素材について

表地はナイロン100%、裏地にはタフタのポリエステル100%、そして中綿にはポリエステル100%が使われています。

軽量で耐久性があり、イージーケアな作りです。

機能について

背面の襟部分中央には反射テープが備わっているため、夜間の作業も安心です。

また電源コードを通すための穴がかりも用意されており、ウェアを着たままでも温度調整などが簡単におこなえます。

デザイン・カラーバリエーション

カラーバリエーションはブラックとネイビーの2色展開となっています。

生地の絶妙な光沢感がスマートさを演出し、またワイルドさも感じさせます。

おすすめ業種・活用シーン

薄手生地のため、アウターにもインナーにも活用可能です。

シックかつベーシックな外観デザインのため、作業着からオフィスユニフォーム、タウンユースまで、シチュエーションを選ばずに幅広いシーンで活躍できる1品です。

雷神服 電熱ベスト BO31960
雷神服 電熱ベスト BO31960 モデル
雷神服 電熱ベスト BO31960 機能

雷神服 電熱ベスト BO31850

最後に、BO31850について紹介していきます。

素材について

表地はデュスポのポリエステル100%、別布としてオックスのポリエステル100%を使用しています。

また裏地にはタフタのポリエステル100%、中綿にはポリエステル100%を採用しています。

表地に使われている「デュスポ」とは高密度に織られた生地のことであり、高い強度があって形崩れしづらく、防水・撥水性能も高い素材です。また肌触りも良いことから、ワークウェアなどによく採用される素材です。

そして表地の別布として使用されている「オックス」とは、斜子織りされた生地のことです。イギリスのオックスフォード大学が名前の由来であり、さらっとした肌触りと高い吸水性、通気性が特徴になります。また厚みがあるため、洗濯を繰り返しても耐えられる頑丈さを持ちます。

機能について

背中の切り返し部分には反射性能のあるロゴマークがあり、事故などの可能性を低減させています。

また両脇のポケットはドットボタン仕様となっているため、内部に収納した物を落下させづらくなっています。

デザイン・カラーバリエーション

カラーラインナップにはネイビーとブラックの2色が用意されており、ネイビーはブラックとの2トーン構成になっています。

また上品な質感のキルティング地からは、ワイルドさだけではなく知性的な印象も感じさせてくれます。

おすすめ業種・活用シーン

どのような環境下でもユーティリティーに活躍できますが、表地に使われているデュスポ素材はチリやホコリを付着させづらいため、特に倉庫内作業や工場などに適していると言えるでしょう。

もちろん街着などのカジュアルシーンにもぴったりです。

雷神服 電熱ベスト BO31850
雷神服 電熱ベスト BO31850 モデル写真
雷神服 電熱ベスト BO31850 機能

雷神ベストで今冬は快適に過ごそう

さまざまな雷神服を比較紹介していく本企画。今回は、人気のベスト型モデルにフォーカスし、「BO31950」「BO31960」 「BO31850」の3点をご紹介しました。

ベストタイプの雷神服は肩や腕が動かしやすく軽量であり、さっと羽織れることから、多くのユーザーから高い支持を受けています。

各モデルの特徴を比較して自分に合った1着を見つけ、今年の冬を暖かく過ごしましょう。