【2021電熱ウェア特集】最新の雷神服 2021年型デバイスを徹底解析!

雷神服デバイス特集

冬の新定番・防寒対策として多くの支持を集める『雷神服』。

年々進化を遂げる雷神服の新作情報について「早く知りたい!」と思われている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、雷神服の基礎知識についてから、2021年の新型デバイスまで徹底解析していきます。

そもそも、雷神服って何?

最初に、あらためて『雷神服』について説明します。

『雷神服』とは、ウェアに装着された発熱体をバッテリーにつなげて着用者の身体を暖められる、次世代の防寒ウェアブランドです。夏場に大活躍するファン付きウェアの『空調風神服』で知られる、株式会社サンエスが提供しています。

雷神服に使用する発熱体はウェア一体型ではなく着脱可能であり、「PTC面状発熱体」という軽量なフィルム状のタイプを使用しています。ある程度の高温になると自動的にそれ以上の上昇を抑えるため、低音やけどなどのリスクを低減できる高い安全性が備わっています。

バッテリーを充電するための電気代もそれほどかからないことから、コストパフォーマンスの良い防寒着として、ワーカーやバイカー、キャンパーなど様々な方々から高い支持を受けています。

電熱ベスト雷神服

普通の防寒着とは何が違うの?

一般的な防寒着との違いとしては、以下のような点が挙げられます。

すばやく暖まる

電気を使用しているため、スピーディーに身体を暖められます。温度は3段階に分けて設定でき、着用者のコンディションに合わせて調節可能です。

このような効果から“着るコタツ”とも呼ばれています。

着膨れせず、スマート

ダウンジャケットや厚手のジャンパーのように大きく着膨れせず、一着だけでタイトなシルエットを保ったまま身体を暖められるのも雷神服のメリットの1つです。

そのため、ツーリングやキャンプなど、ファッション性も求められることの多いアクティビティにはピッタリの防寒着なのです。

洗濯機で丸洗い可能

バッテリーと発熱体を外せば、洗濯機で丸洗いができます。毎日ハードに使用する場合には、ケアの簡便さも嬉しいポイントのひとつです。

(小見出し4)ウェアを気軽に買い替えできる

発熱体がウェア自体に内蔵されているタイプの電熱ウェアと違い、ウェア部分のみを交換できるため、生地の破損による買い替えや、気分転換でのウェア変更も容易におこなえます。

雷神服イメージ

2021年型の雷神発熱ユニット・バッテリーセットを解説!

次に、雷神服の2021年新作デバイスである発熱ユニットとバッテリーセットについて、詳しく説明していきます。

2021年新作 雷神発熱ユニット『RD9170』

雷神発熱ユニット『RD9170』

新作の発熱ユニット「RD9170」には素材にカーボンナノチューブを採用しており、柔らかくしなやかで、身体のフォルムに合わせてフィットします。そのため着用中に異物間を感じにくく、さらなる快適性が得られます。

温度は3段階にて調節可能であり、電圧を「弱」に設定した場合にはフル充電で約9時間ほどの稼働が期待できます。また「強」「中」に設定した場合においても、1時間ほど連続運転すると自動的に「弱」に切り替わり、低音火傷などの被害を防ぎます。

雷神服の特徴
雷神服の機能
雷神服の発熱体

2021年新作 バッテリーセット 『RD9190J』

バッテリーRD9190J

次に、2021年の新作バッテリーセット『RD9190J』について説明します。

2021年モデルの大型バッテリーセットである『RD 9190J』は、業界最大ランクである12ボルトの高電圧まで使える、安心の国内生産モデルです。メタリックなデザインのクールな外観に仕上がっています。簡易防水機能や難燃機能も備わっており、タフな現場においても使いやすい1品です。

本モデルは別売のワイヤレスコントローラやスマートフォンのアプリ(Bluetooth通信)から遠隔操作による遠隔操作が可能です。スマホアプリの場合には、電源のオンオフや風量の調節はもちろんのこと、電池の残量も確認できます。

温度は3段階にて調整可能であり、フル充電の場合、「弱(6ボルト)」で使用すると約22時間の稼働が期待できます。また2020年モデルと比べるとフル充電にかかる時間が1時間ほど短縮されており、約4時間ほどで充電可能となっています。

(注:本モデルは2019年モデル以前のファン・ケーブルとは互換性がないので注意してください)

夏は空調風神服、冬は雷神服!

雷神服のバッテリーに関しては、空調風神服2021年型のバッテリー「RD9190J」が、2021年型の雷神服の推奨バッテリーとなっています。そのため流用が可能で、夏は空調風神服、冬は雷神服を着用する使い方であれば、バッテリー1つ分のコストが削減できるということになります。

またそれ以前の空調風神服のバッテリーや、市販のモバイルバッテリーを使用した場合は火傷防止の安全機能などの機能が一部制限され、メーカー保障の対象外となりますのでご注意下さい。

1年中使用することで、バッテリーの寿命が伸びる?

また、雷神服に使用するバッテリーはリチウムイオンが使用されており、その特性上、充電せずに使用しない期間が長期間にわたってしまうと、過放電の影響から、寿命が短くなってしまいます。

そのため、夏場には空調風神服の電源として使用し、冬には雷神服に使用するというローテーションを組んで1年中使用し続けることで、コスト削減以外にも「バッテリーの寿命を長持ちさせられる」という大きなメリットが手に入れられるのです。

2021年も進化が止まらない雷神服!

今回は、雷神服の2021年型デバイスについて解説しました。

雷神服は、電熱ウェアのリーディングブランドであり、夏のファン付きウェアブランド「空調風神服」ともバッテリーが共有化できる、コスパにすぐれた製品です。2021年の新作デバイスも非常に強力なモデルに仕上がっており、タフな環境下でも着用者を満足させられる、素晴らしい出来と言えるでしょう。

雷神服のさらなる進化に、目が離せません。