倉庫作業に革命を! SUN-Sからフォークリフト向け空調風神服が登場

フォークリフト向け空調風神服が登場

真夏の倉庫作業は暑く、熱中症のリスクが高まります。

熱中症の代表的な対策としては、頻繁に休憩を取ったり、水分を取ったりすることが挙げられますが、オススメは空調服・空調風神服の着用です。

今回は、フォークリフト作業の基礎知識から、SUN-S(株式会社サンエス)が発表した、フォークリフト作業向けの空調風神服まで解説します。

倉庫作業と熱中症対策

熱中症というと、建築現場など屋外での活動の際に発症するイメージを持たれているかもしれませんが、倉庫などの屋内現場においても同様に熱中症のリスクはあります。

一般的に倉庫内の温度は高くなりがちで、エアコンが効きにくい空間構造になっている可能性や、製造する製品などの関係で換気ができないこともあります。くわえて火気を使用したり、発熱体や加熱された製品が存在したりする環境においては熱中症のリスクがさらに高まるため、倉庫での作業には熱中症対策が欠かせません。

倉庫業

そもそも、熱中症はなぜ起こる?

毎年、夏場になると熱中症のニュースが多く見られるようになります。皆さんは、熱中症はどうして起こるのかご存知ですか?

そもそも熱中症とは、体内の塩分や水分が失われることにより身体の調整機能が低下し、発症する障害の総称です。目眩や頭痛、吐き気、けいれんなどが代表的な症状になり、場合によっては命にかかわる重症にまで陥る可能性のある疾病です。

人間の身体は、暑くなると汗を排出し、体温を調節するという仕組みがもともと備わっています。しかしながら、気温や湿度、日差しや風などの外部条件などによりその仕組みが損なわれてしまい、身体が対応できなくなることで熱中症となってしまうのです。

倉庫作業での熱中症対策

倉庫内作業での基本的な熱中症対策としては、倉庫内部の暑さをどう軽減させるかということが重要になります。

たとえば、以下のような対策が考えられるでしょう。

冷房や遮熱設備などの設置

もっとも効果の高い対策は、エアコンなどの空調設備を導入することです。また、発熱するような物体の近くで作業する場合には、熱をさえぎる設備を設置するなどの工夫も有効です。

休憩場所の設置

作業員の体調が悪くなった場合に、ゆっくり休むことのできる場所を用意するとよいでしょう。飲み物やベッドなどの設備も設置し、定期的に休憩できるようにします。

作業開始前に、作業員の健康状態を確認する

熱中症の発症には、各人の体調が大きく影響するため、毎朝行なわれる朝礼などの際に、健康状態を確認することが大事です。

体調不良の者がいれば、できるだけ負担が少ない作業に従事させたり、労働時間を短縮させたりする必要があります。

医療機関など、緊急時の連絡先を周知させる

熱中症の症状が見られる作業員が出てしまったら、早やかに医療機関へ連絡しましょう。そのため、作業現場内にて最寄りの医療機関の連絡先などを掲示し、周知させておく必要があります。

通気性の高いユニフォーム

会社がユニフォームを支給している場合、通気性が高く快適に作業ができるような製品を選びましょう。

後述しますが、オススメは空調服・空調風神服を活用することです。

フォークリフト作業の基礎知識

フォークリフトの基礎知識

倉庫や工場、運送会社などの現場で見かけることの多いフォークリフト。

フォークリフトの基礎知識について説明します。

フォークリフトとは?

フォークリフトとは、重い荷物などを運搬するための作業車です。

パレットと呼ばれる専用の荷台に荷物を載せ、荷台にフォークリフトのフォーク(先端の爪)を差し込むことで、人間の力では持ち上げることのできないような物品でも、簡単にさまざまな場所へ移動させることができます。

おもに建設現場や工場、物流倉庫などで導入されています。

操作を誤ると危険であるため、フォークリフトを運転するには、特別教育を受けるか、技能講習を受講し、試験に合格する必須があります。

フォークリフト作業の楽しいところ、辛いところ

次に、フォークリフト作業の楽しいところ・辛いところについて解説します。

フォークリフト作業の楽しいところ

フォークリフトで物品を指定の場所にきれいに設置できた時など、うまく運搬できた時には、楽しさややりがいを感じることができるでしょう。

また、フォークリフトは多様な環境下で使われており、仕事の需要も多いため、さまざまな業界で活躍できる可能性があります。基本的な業務を一通りこなせるようになれば、比較的転職の自由度の高い職種といえるでしょう。

フォークリフト作業の辛いところ

この仕事の辛いところとしては、操作を誤ると大変危険な事態に陥るということに尽きます。

人体への危険はもちろんのこと、物品や設備を破損してしまいかねないため、つねに集中を切らさないように運転しないといけません。そのため、とても緊張感のある仕事といえます。

フォークリフト作業員向け空調風神服

フォークリフト向け空調服

次に、フォークリフト作業に向いている空調服・空調風神服の条件について考えてみましょう。

フォークリフト作業は椅子に座って行うものであるため、空調服・空調風神服には、運転する際に椅子の背もたれにファンが干渉せず、身体を預けていても多くの風を取り込むことができるような仕様が求められます。

従来の空調服・空調風神服ではそのような条件を満たす仕様の製品が存在しませんでしたが、このたび、空調風神服ブランドのファン・バッテリーを提供しているユニフォームメーカー「SUN-S(株式会社サンエス)」が、この条件を満たした空調風神服を発表しました。

空調風神服 KU92112

本製品はファンの位置を側面に設置することにより、フォークリフトの背もたれにファンが干渉しない設計となっています。そのため、運転中においても空気を取り込むことができ、冷涼感を低下させることがありません。

またベスト型のモデルであるため、肩や腕が動かしやすく、快適にハンドルを回すことができます。素材にはポリエステル100%が使用されており、とても軽量かつ頑丈です。

襟部分も高めに設計されているため、ファスナーを閉めて活用することにより、顔まわりや首元まで高い冷涼感を得られます。また裾周りもゴム仕様になっているため、涼しい風を逃しません。

そのほか、保冷剤のポケットやメッシュの風気路、背中リフレクターなど、便利な機能も満載です。カラーラインナップには、オレンジ、イエロー、ネイビーの3色が用意されています。

このように、まさに「フォークリフト作業専用」ともいえるようなスペックの空調風神服が誕生しました。

空調風神服 KU92112

空調風神服 KU92112 詳細

空調風神服 KU92112 機能

フォークリフト向けの空調風神服で革命を

今回は、ユニフォームメーカーのSUN-Sが発表した「フォークリフト作業用の空調風神服」について解説しました。

倉庫や工場内の作業は、エアコンが効かない現場や、換気がしづらい環境も多く、熱中症対策が欠かせません。

定期的な水分補給や休憩を取ることはもちろんですが、オススメは空調服・空調風神服を着用することです。

この度発表されたSUN-S(株式会社サンエス)のフォークリフト作業用空調風神服「KU92112」は、ファンの位置や襟に工夫がなされた設計になっており、フォークリフトを運転する際にはまさに最適なモデルといえるでしょう。