空調風神服 BK6127F | ビッグボーン UVカット長袖ファン付ウェア

空調服 BK6057S

「ビッグボーン」の空調風神服について

日本の暑い夏を快適に乗り切るためのアイテムは数多くあります。しかしながら、そのほとんどは日常生活での快適性アップを目指した商品であって、現場で働く人たちの快適性向上という目的に特化したアイテムは、それほど多くありませんでした。そこで注目なのが、「ビッグボーン」の空調風神服です。広島県に本社を構えるビッグボーングループが展開しているワークウエアシリーズです。屋外作業や屋内工場など体調管理に気を配っていないと健康を害したり作業効率に支障をきたしてしまうような職場は数多くあります。特に日本は「ものづくり」で世界的に有名なお国柄であることから、作業着を着用して仕事をする人たちはたくさんいます。ワークウエアの着用が求められる職種は、多くの場合で体力的にハードで危険が伴うこともあるため、厚手の長袖の作業着を天候や気温に関係なく使用しなければいけないこともあります。そこで、大きなネックになるのが暑さ対策です。季節によっては熱中症対策も必要です。「ビッグボーン」の空調風神服は、一見するとよく見かける作業ウエアのようですが、外気をウエア内に取り入れて空気の循環が発生するような作りになっています。この特徴によって作業着を着ていても快適な状態をキープしやすくなっているのです。

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sのコンセプト

ビッグボーングループの空調風神服「BK6057S」は、現場作業でもプライベートタイムでも違和感なく着こなせるファッショナブルなワークウエアです。作業服というと、土木や工場などの現場でゴツイ男性が着ている、ファッション性の欠片もない地味な服を想像する人も少なくないでしょう。確かに、今でもそのようなタイプの作業着はごく一般的に使用されています。しかしながら、「ビッグボーン」の空調風神服「BK6057S」は、作業着には欠かせないディテールはしっかりと残しつつも、快適性とファッション性を兼ね備え使い勝手の良いワークウエアになっています。ジャケットタイプの形状のため、朝晩は、まだまだ肌寒さが残る季節に羽織る一枚としても活躍してくれるデザインになっています。

空調風神服 BK6057S

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sのスペック紹介

空調風神服「BK6057S」で注目のスペックは、UVカット仕様になっていることです。「UVカット」という言葉は太陽光線が強くなる季節に差しかかるとよく耳にするようになります。それでも、実際のとこの何を意味するのかを正しく理解していない人も少なくありません。UVは、Ultra Violet(ウルトラ バイオレット)という英語の頭文字をとった略語です。日本語で表現すると「紫外線」になります。細かく分類すると、紫外線は波長の長さで3種類に分けることができます。波長の長いUVA、中程度の波長のUVB、そして短い波長のUVCの3種類です。波長が短い,UVCは太陽から発せられて地上に到着するまでの家庭で、オゾン層に吸収されてしまいします。それで、私たちが実際に浴びる可能性がある紫外線は、UVAとUVBの2種類ということになります。UVカット機能がついている製品とは、大抵の場合このUVAやUVBから保護する機能があるということです。紫外線は、髪の毛や地肌にダメージを与えます。それで、日中、屋外で長時間作業をしたりアウトドアに出かける場合は、注意が必要であるということです。このリスクからのプロテクト機能を空調風神服「BK6057S」は備えているのです。まさに、作業ウエアだからこそ必要なスペックです。

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sの素材

ビッグボーンの空調風神服「BK6057S」は、ポリエステル素材100%で、できています。化学繊維ならではの発色の良さが特徴です。カラーラインアップは、何にでも合わせやすいホワイト、鮮やかさが印象的なレモンイエローとホワイトのコンビ、情熱的なレッドとホワイトのコンビ、爽やかさが漂うロイヤルブルーとホワイトンコンビ、落ち着いたイメージのネイビー、そして年齢層を選ばず着こなしやすいシルバーグレーとダークグレーのコンビという、6色展開になっています。ポリエステル素材だからこそ表現できる色合いでファッショナブル性を実現する面でも理想的な素材であると言えるでしょう。ポリエステルとひとことで言っても、種類は様々です。空調風神服「BK6057S」で使用されているポリエステルは、タフタというタイプのポリエステル素材です。「タフタ」とはもともとペルシャ語が語源となっていて、「ねじり織り」の意味があります。独特のハリや艶があるのが特徴です。艶があると言ってもビニールのようなテカテカした風合いではないため、安っぽさは感じません。仕事でもプライベートでも違和感なく着用できる使いやすい素材です。前面とポケット部に使用されているファスナーとテープ部分はウエアのカラーに合わせた色が付いています。細かな部分の素材やカラーリングにも拘った作り込みになっています。

空調風神服 BK6057S カラー展開

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sの各種機能

ビッグボーングループの「BK6057S」は、襟部分に頭をスッポリ覆えるサイズの収納式フードが付いています。フード付きの作業着やボタンやファスナー等で取り外し式のフードが付いているワークウエアは広く使われています。機能的には重宝するアイテムであるものの、見た目がいかにも作業用の服という印象が強く、人前で着ることに抵抗があるという人は少なくないでしょう。この点で、空調風神服「BK6057S」は、必要な時だけ取り出して使える収納式のフードになっていますからファッション性が損なわれません。さらに、フードの中にも効率よく風が抜ける構造になっているので、蒸し暑い時期にフードを着用しても快適な状態をキープしやすいように工夫されています。デザイン性も重視されているモデルなので、通勤時に自宅から着て会社や現場に向かっても特に人の視線や違和感を感じることはないでしょう。仕事終わりに「BK6057S」を羽織ったままで、ちょっとした買い物や食事に出かけたとしても周りと比べて服装が浮いてしまうといった心配も特に不要です。また内側には保冷材用のメッシュポケットを搭載していて暑い季節を快適に過ごせるような工夫機能も付いています。

空調風神服 BK6057S 機能

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sの活用シーン

空調風神服「BK6057S」は、厚手生地の作業服ではないので、どちらかというと軽作業に向いているでしょう。園芸や農作業、工場のライン作業、ビルやオフィスのクリーニングスタッフ、DIYリフォーム、ランニングやサイクリングといったアウトドアにも活用できます。

空調風神服 BK6057S 着用イメージ

ビッグボーン 空調風神服 BK6057Sの口コミ

「作業着なのに作業着っぽくなくて、女性が着ても違和感ない所が使いやすい」

「フードが収納式になっているので天気予報が怪しい日も不安なく仕事に集中できる」

「発色がキレイなので作業員っぽく見えないところが気に入ってます」

「ファスナー部分の色がアクセントになっててオシャレ感がある」

空調風神服について

空調風神服とは
空調風神服の効果について
空調風神服は電動ファン付きウェアのパイオニアとして販売が開始されてから実に20年近くの年月になります。空調服や空調風神服は当初は現場作業の方のプロ用途からスタートしており、今でも職人さん向けの空調服が最も大きなマーケットになっていますが、2020年実績でも市場の3割以上を占めるトップブランドです。空調服はウェアの種類やデザインも大事ですが、やはり涼しさがもっとも大事でその為には高性能なファンやバッテリーなどのデバイスが求められます。空調風神服のデバイスは【低い不良率】、【パワフルさ】、【耐久性】の三点において高い評価を受けています。

スタッフの推しポイント

ビッグボーンの空調風神服「BK6057S」は、職業柄上どうしても作業着が必要になるけれども、どうしても地味でファッション性のないワークウエアに抵抗があるという人におすすめできる作業着です。カラーバリエーションが豊富なので、部署ごとにカラーを変えて会社全体のユニフォームとして採用することもできるでしょう。環境問題を重視したり健康志向の人が増えているなかでUVカット機能が付いた作業服というのは、従業員たちにとっても会社の配慮をアピールできるポイントになり得ます。それで、空調風神服「BK6057S」は、個人レベルでも企業レベルでも使いやすいワークウエアと言えます。